「安心・安全・健康」
を支えるグループ

Our Business

グループ経営理念
SOMPOホールディングスグループは、お客さまの視点ですべての価値判断を行い、保険を基盤としてさらに幅広い事業活動を通じ、お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスをご提供し、社会に貢献します。
グループ行動指針
お客さまに最高品質のサービスをご提供するために
  1. 一人ひとりがグループの代表であるとの自覚のもと、お客さまの声に真摯に耳を傾け、行動することに努めます。
  2. 自ら考え、学び、常に高い目標に向かってチャレンジします。
  3. 「スピード」と「シンプルでわかりやすく」を重視します。
  4. 誠実さと高い倫理観をもって行動します。
目指す企業グループ像
真のサービス産業として、「お客さま評価日本一」を原動力に、
世界で伍していくグループを目指します。

「安心・安全・健康」の
テーマパーク

  • 当社グループは、「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスを提供し、社会に貢献する」というグループ経営理念のもと、基盤となる損害保険事業にとどまることなく、デジタル技術の活用や新たな事業・サービスの展開などさまざまな方面で事業を拡大しています。
    目指すのは、お客さまが楽しみながら、健やかで幸せな人生を実現できる「安心・安全・健康のテーマパーク」。
  • この考え方は、2015年に国連サミットで採択されたSDGs(Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)にも大いに貢献するものです。個人や企業に「万が一」の際の保険機能を提供するだけでなく、「万が一」を起こりにくくする「予防」、そして日常生活をさらに豊かにする「安心・安全・健康」の提供までを見据えた画期的な商品・サービスを生み出し、保険の枠を超えて社会に貢献しています。

「安心・安全・健康のテーマパーク」構築に向けた取組み

  • 「世界に誇れる豊かな長寿国日本」
    の実現への貢献
    • 「SOMPO認知症サポートプログラム」の始動
    • SOMPOケア ユニバーシティによる介護のスペシャリストの育成
  • 防災・減災がもたらす安心と安全
    • デジタル技術を活用した安全運転支援サービスの提供
    • 高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対処する、サイバーセキュリティ事業への参入
  • 健康な暮らしと人生の応援
    • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命による、健康サービスブランド「リンククロス」の立ち上げ

当社は、SDGs(Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)の17の目標のうち、
下記の3つの目標に大いに貢献しています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
目標 3 「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」
目標11 「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」
目標17 「持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」
「安心・安全・健康のテーマパーク」を実現する4つの事業

「安心・安全・健康の
テーマパーク」を
実現する
4つの事業

当社グループは、国内損保事業、国内生保事業、介護・ヘルスケア事業、海外保険事業をもとに、「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現を目指しています。気候変動などによる自然災害の常態化をはじめ、少子高齢化やテクノロジーの進化など、保険事業を取り巻く環境は急速に変化していますが、お客さまが安心・安全・健康に暮らせる社会を実現するために、各事業において従来の延長線上にはない、新たなビジネスモデルを創出し続けます。

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

会社概要(2018年3月31日現在)

創業
1888 年(明治21 年)10月
資本金
700 億円
総資産
7 兆6,881 億円
正味収入保険料
2 兆1,680 億円(2017 年度)
取締役社長
西澤 敬二
社員数
26,189 人
代理店数
56,340 店
本社所在地
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
TEL
03-3349-3111
国内拠点
支店・営業部:127
営業課・支社・営業所:568
保険金サービス拠点:288
海外拠点
30か国・地域、218 都市