MESSAGE 担当者からメッセージ&インターンシップに参加した皆さんのリアルな声 MESSAGE 担当者からメッセージ&インターンシップに参加した皆さんのリアルな声

担当者・参加者メッセージ 担当者・参加者メッセージ

採用グループリーダーからのメッセージ

私たちが取り扱う「損害保険」は、学生の皆さんにとってはあまり馴染みがないかもしれません。しかし、損害保険の持つ社会的役割は非常に大きく、世の中の至るところで人々の生活や企業の活動を支えています。社会の発展のためになくてはならない存在であることから、損害保険は「インフラを支えるインフラ」とも言われています。
当社の「SOMPOインターンシップ」では、損害保険に関するさまざまな業務をワーク形式で体感いただくことで、損害保険ビジネスの意義、魅力や醍醐味をお伝えいたします。また、ワークを通じて自分の強みや弱みを発見し、今後取り組むべき課題設定も行いますので、皆さん自身の「キャリア」を考えるきっかけの場になることでしょう。

社会を根底から支え、人々に安心を届ける損害保険の仕事をぜひ体感してみませんか。
意欲ある皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

福元 利一
人事部 採用グループ 採用グループリーダー

参加者の声

実際にインターンシップに参加した皆さんの
リアルな声を集めました。

3つの業務体感ワークを通して、損保業界について理解を深めることができました。机上のワークだけではなく、ビジネスマナーなど社会人の基礎となるスキルも学ぶことができ、自己成長を実感できた5日間でした。

難しいワークもあったけれど、それを一つひとつ乗り越えていったことで、初日と5日目では明らかに違う自分になっていることを実感できました。改善すべき明確な課題も見つかり、今後につながる経験になりました。

5日間同じグループでさまざまな課題に取り組んだことで、メンバーとのチームワークを深めることができました。メンバーとの意見交換やお互いのフィードバックを通じて、自分の強み・弱みを客観的に考えることができたのは貴重な機会でした。

1日ごとに振り返りの時間があり、しっかり自分を見つめることができました。
単に仕事を学ぶ以上のことを得ることができ、正直これほどまでに自分が成長できるプログラムが準備されていると思いませんでした。

実践的な内容が多く、とても頭を使う濃い5日間でした。
特に、プレゼンテーションが複数回設けられていて、論理的に表現する力の必要性を痛感しました。毎回フィードバックを受ける機会があり、5日間の中で反省・改善し、次に活かすことができたので、短期間でも成長を実感することができました。

難しい課題もあり、時間が足りないこともあったけれど、それがリアルな仕事だと思いました。フィードバックがもらえたので、成長を実感しながら、損害保険についてさまざまな角度から知見を深めることができました。

損害保険業界の仕事を知りたいと思って参加しましたが、こんなにたくさんの商品があり、こんなにたくさんの部門や人とかかわる仕事だとは思いませんでした。5日間のワークを通じて、仕事の奥深さや幅広さを知ることができました。

保険金の支払いや代理店営業の体験など、具体的な事例に触れながら、損害保険の仕事を知ることができました。体験・発表・フィードバックを繰り返し行うことで、自分で考え、発信する力が養われたと思います。

フィードバックが丁寧で、自分のよい点・伸ばせる点を把握することができました。損害保険業界を知るだけでなく、自分のことを見つめ直すこともできたので、今後の自己分析に役立てていきたいと思っています。

内定者の方と交流できる時間もあり、損害保険の仕事を体感するだけではなく、損保ジャパン日本興亜の社風や働く人の雰囲気を感じることもできました。